荒川区 看護師バイト

耳鼻科クリニックで働いています

駅近くにある耳鼻科で、ドクターは3人いて、曜日交代で診ています。

 

なので、新患の方は毎日いますが、この先生に診てもらいたい、という思いがある患者さんが固定曜日にあふれたりします。

 

女医さんの日はやはり小さなお子さんがとても多いです。

 

耳鼻科だと看護技術を使う機会はあまりないのですが、子どもの診察サポートには結構技が要ります。耳鼻科の治療って、子どもにとって嫌ですよね。

 

動かれると下手に痛くなってしまうので、怖がらせず、安心して診察が出来るよう、笑顔で接しています。

 

私の息子の出来事ですが、一度大変だったのは、朝起きて30分くらいすると、頭が痛い、痛い、と言って泣きわめくんです。

 

でも、しばらくするとおさまるので、学校を遅刻させて行ったりして、時々、右目の奥が痛いとも言っていたんですが、翌日もまた朝起きて30分くらいすると頭が痛いと泣きわめくんです。

 

体温を測っても特にないし、メンタル面に思い当たることがあるか、というとそれはなくて、2時間くらいするとおさまるんです。

 

4日間続いて、記録も取り続け、その記録を持ってかかりつけの小児科の先生に診てもらったら、先生も分からないから、脳神経外科に行ってみたらどうか?と紹介状を書いてくださいました。

 

いろいろ悪い病気が頭によぎったのですが、脳神経外科の先生は症状と私の記録を見て、子どもの様子を見て「これ、副鼻腔炎じゃないかな?CT撮ってみないと分からないけど。」CT検査の結果、副鼻腔炎でした。

 

右目の奥のほうにたまっていたんですね。

 

所見ですぐに結果が分かるドクターのすごさにも驚きでしたが、鼻を上手にかんでいないことに気付きながら、対処していなかったので、息子に悪いことしちゃったと思いました。

 

頭痛や目の痛みは耳鼻科に関わることだったりするんですよね。

 

勉強になりましたよ。