ブランク看護師 働きやすい

ブランク看護師が働きやすい科・病院

ブランクのある看護師が復職をする際に、比較的に働きやすい科や病院があると思います。

 

ブランク可や中途採用者サポートありなどの病院を多く見かけますが、新卒でもなければ、ほとんどサポートはない様に感じます。

 

少しでも経験があれば、周りは経験者として見ますし、ブランクがあっても経験者ならある程度は大丈夫だろうと言う感じで見られる事が多いので、新卒者よりも働きにくいのかもしれません。

 

新卒者なら同期がいたり、プリセプターや指導看護師がついてくれたり、新人研修やセミナーなど手厚く看て貰えますが、経験者となると、同期はなかなかいないだろうし、年齢的にも他のスタッフよりも上であったりするとお互い気を遣う事もあると思います。

 

また、まったく経験のない科を経験してみるのも良いと思いますが、ブランクのある看護師には働きにくい科があると思います。

 

専門性が高い科や急性期などはブランクが長いと、慣れるのに時間が掛かりますし、思う様に動けない自分を情けなく感じる事もあると思います。

 

内科はある程度基本的な看護が多いので、働きやすいと思います。

 

急性期ではなく、慢性期の方が穏やかに自分のペースで感覚を取り戻す事が出来ますから、ブランクのある看護師にはお勧めです。

 

私は、老人病院や派遣、内科・外科の混合病棟などはブランクがあっても働きやすいと感じました。

 

復職支援セミナーを行っている病院は多いのですが、セミナーに参加すると、自分と同じ立場の看護師がいますから、話も合いますし、そのまま自分の同期になるかもしれないので貴重な経験になると思います。

 

やはり同じ時期に採用になる方がいるかいないかで、仕事が楽しくも辛くもなると思うので、そう言う意味でも復職支援セミナーに参加する事をお勧めします。

 

自分が働きたい病院の見学も出来ますし、病棟の雰囲気なども実際に見る事が出来るので、とても参考になりますよ。